海外向け記念品、贈答品と日本のお土産|全ての記念品に名入れ可能!3万円以上送料無料!創業1989年東京都

江戸切子 ぐい飲み

伝統工芸品江戸切子


江戸切子のわが国での製作は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が 金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。
大正時代から昭和初期にかけて工芸ガラスと言えば「カットグラス」(切子)と言われるほど急速に 高度の発展を遂げ、わが国における大事の全盛時代を迎えました。
そして江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定、平成14年には国の伝統工芸品にも 指定されるに至りました。 贈り物にふさわしい桐箱に入れてお届けします。

< 前のページ
次のページ >
17件 [ 1-17 ]