漆器・七宝焼き・江戸切子など日本の伝統工芸品|創業1989年東京都|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!

山中漆器 ステーショナリーセットE赤富士(B) MJ40G-22-04

10,800円(税800円)

山中漆器の始まりはおよそ400年前(安土桃山時代)。山々を渡り歩き、挽物の器をつくって生活していた木地師の一団が山中温泉上流の真砂に定住して木地を挽きはじめた頃から始まります。
木地師は次第にふもとの温泉客を中心に販売するようになり、塗りや蒔絵の技術を会津や京都や金沢から取り入れながら普段使いの器の産地として発展してきました。

伝統的な漆器作りにとどまらず、昭和30年代からはプラスチック(合成樹脂)の素地にウレタン塗装を施した
合成(近代)漆器の生産にいち早く取り組んだ結果、飛躍的に生産額を伸ばし、伝統漆器と併せた生産額では全国一の座にあります。

寸法:190×190×25
製造:日本製(Made in Japan)、輸加

お問合せ

ジャパンプライズ株式会社〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-3-8-1F

  • 電話番号
  • FAX注文はこちら
  • メールはこちら