海外向け記念品・日本のお土産の通販|全ての記念品に名入れ可能!3万円以上送料無料!創業1989年東京都

江戸切子 花瓶<麻の葉に八角籠目紋>/赤 KAGAMI F475-2314-CAU

100,000円(税込110,000円)

購入数
江戸切子のわが国での製作は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が 金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。
大正時代から昭和初期にかけて工芸ガラスと言えば「カットグラス」(切子)と言われるほど急速に 高度の発展を遂げ、わが国における大事の全盛時代を迎えました。
そして江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定、平成14年には国の伝統工芸品にも 指定されるに至りました。

カガミクリスタル(KAGAMI)は、1934年日本初のクリスタルガラスメーカーとして創業致しました。
日本製ならではの高い品質が認められ、1943年より現在に至るまで、宮内庁正餐用食器を納品、ご使用いただいております。
国賓として世界各国の王室・大統領など多くの要人をお迎えしての歓迎晩餐会やおもてなしの場で日本を代表するグラスとして使用されています。

鮮やかな色被せクリスタルガラスに、江戸切子の伝統文様である「麻の葉」と「八角籠目(はっかくかごめ)」を施した花瓶です。
丸くやわらかい形にしっかりとカットが施されており、お花を活けるのはもちろん、そのままでもインテリアとしてお楽しみいただけます。

品寸:口径107mmx高さ200mmx胴径199mm
付属:ケース入
製造:日本製(Made in Japan)

※手作り製品のため、在庫がない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品