SCENE02 ※特集ページ名も可

周年記念品・創立・設立記念品に贈る法人ギフト名入れ特集ページ

周年記念品とは、会社の設立や周年記念イベントで配布する記念品です。
配布する記念品には「創業50周年記念 ジャパンプライズ株式会社」というような社名やロゴなどを名入れするのが一般的です。
また、配布する相手は従業員や取引先が多く、周年記念パーティで渡したり、取引先へは挨拶とお礼を込めて訪問時にお渡しするケースが多いです。
また、会社設立10周年、20周年、30周年、50周年、100周年などの節目や、節目に限らず毎年作成している事例もあります。
その他にも会社設立時に創業記念として配布ケースもあります。
弊社取扱い商品は全ての商品に名入れが可能です!

周年記念イベントは、社内向けに行う場合、社外向けに行う場合があります。
「社外の関係者との信頼構築」
取引先や顧客に向けて感謝の意を伝え、より良好な信頼関係を構築する絶好の機会です。
また、これまでの企業活動や実績などに加え、将来のビジョンなども話せれば、今後の取引拡大に向けてのPRともなります。
周年記念パーティーを社内だけのイベントで終わらせてしまうよりも、ビジネスチャンスと捉えて来賓を迎え、成長戦略の一環として信頼関係を構築に取り組みましょう。
「従業員のモチベーション向上」
周年記念式典をすることで取締役や役員などが社員に対し、日頃の感謝・労いの言葉を伝え、社員一丸となってここまで存続・成長できてきた事への貢献を讃えるなどで、社員のモチベーションを上げるきっかけとなります。
また、従業員人数が多い企業や、全国に支店があるような企業の場合は、全社員が一斉に集まる機会とすることができます。
日頃から顔をあわせる事のできないメンバーとのコミュニケーション促進にもつながりますので、楽しい式典にしましょう。
「製品の認知度向上」
周年記念式典を、製品のプロモーションとして、ユーザー認知度を高める機会として活用される場合も多くあります。
Webサイトを構築し、自社製品をうまく告知するなどオリジナリティーあるイベントはSNSなどでのバイラル効果もあります。
目的にあったイベントを企画し、盛り上げましょう。

周年記念品は贈る品物次第でお客様に喜ばれたり、印象に残るものとなります。 配布するお客様にもそして従業員にも日頃の感謝を伝える意味でも、素敵な記念品を選びましょう。 また、従業員に対してもメッセージを伝える機会となります。 グローバル化が加速する国際社会の中で、近年は海外支社や海外工場にも和風記念品や日本の伝統工芸品を周年記念品として贈答する企業も増えてます。 海外の企業様が日本で式典をする際に、日本のお土産として弊社商品をお選びいただくこともよくあります。 弊社取扱い商品は全ての商品に名入れが可能です。 品物に込めた想いが伝わるよう、こだわった周年記念品にできると良いですね。

周年記念品・創立・設立記念品に贈る法人ギフト名入れおすすめ商品

このカテゴリーには商品がありません