SCENE06 ※特集ページ名も可、以下同じ

社長就任・昇進・御栄転祝いの記念品の選び方特集ページ

お取引先様や知人の方が社長に就任したら、気持ちのこもったお祝い品を贈りましょう。
しかし、社長就任のお祝いの機会などそう多くはないため何を贈ったら良いか困ってしまう方もいると思います。
どのタイミングでいつ頃、どの程度の金額の贈り物をしたら良いのか?よくドラマに出てくる社長室には確か金の楯があったような・・・
日本にはさまざまな形式や格式があり、贈り物を1つ選ぶだけでも一苦労です。
そこで弊社によくお問い合わせのある社長就任のお祝いにぴったりな贈り物についてご紹介します。
社長就任祝いの記念品・贈答品選びのご参考にしてください。

社長就任は、お相手の方にとっても一生に一度の大きなイベントです。
予算を考慮しつつも、役職に見合った格式の高いものを贈りたいですね。
弊社に来るお問い合わせの中で1番多いのが個人的なものであれば3~5万、会社からの贈り物であれば10~20万程度だと思います。
身内なのか取引先の相手なのかなど、相手との関係性も考慮した上で贈り物を選びましょう。何を贈るかも大事ですが、一番大事なものはお祝いする気持ちです。
あまり固くならず、自分だったら何をもらったらうれしいか考えながら選ぶと良いでしょう。
また会社名や日付を入れてメモリアルなオリジナリティのある記念品を贈るのもよいでしょう。

社長就任祝いを贈る際には、現金であれば熨斗袋、品物であれば熨斗、花であれば木札が必要になります。
いずれの場合も、「表書きはどうしたら良いのだろう?」と悩む人も多いのではないでしょうか。
「社長は会社のトップだから、どこかに社長と言う記載をした方が良いだろう。」と思う人もいるかも知れません。でも、「社長」と言う記載は、特にしなくても大丈夫です。
熨斗の場合は上段にシンプルに「御就任御祝」か「祝御就任」としておきます。 水引の下の中央に、送り主の名前を書きます。 送り主が個人であれば、自分の名前をフルネームを書くだけで簡単です。 一方、会社でお祝いを贈る場合には、まずは会社名を書いて、その左に代表者のフルネームを記入します。 商品に名入れをする場合に1番多い題名が「ご就任のお祝い」です。 とてもシンプルですね。
一番上に「ご就任のお祝い」二段目に「○○○○株式会社」三段目に「○○○○様」と名入れをします。
以上社長就任時の贈り物と合わせて覚えておきたい知識をまとめました。
是非贈り物を選ぶ際のご参考にして下さい。

社長就任・昇進・御栄転祝いの記念品の選び方おすすめ商品

このカテゴリーには商品がありません